【今年は美白で乗り切る!】正しい日焼け対策教えます

日焼け対策

初夏頃から少しずつ気になってくる紫外線。この頃からお店には日焼け止めなどのアイテムが販売され始めますので、日焼け対策を始めようと考える人も多いかと思います。

日焼け対策は万全に行っておかなければ、シミの元となるメラニン発生を防ぐことができません。そのため紫外線が最も強くなる夏前に、正しい紫外線対策について勉強しておきましょう。

ここでは正しい日焼け対策の方法や日焼け対策に使うアイテムについて詳しくご紹介します。正しい日焼け対策を行い、肌の白さをキープしてくださいね。

日焼け対策に使える日焼け止めは?

日焼け対策で一番に浮かぶものと言えば日焼け止めがあります。日焼け止めは塗るタイプ・スプレータイプの2つに分かれますので、それぞれを紹介しましょう。

塗るタイプ

塗るタイプの日焼け止めは最もスタンダードな日焼け対策です。液状の日焼け止めを腕や脚などの部分にしっかりと塗っておくことで紫外線が肌に注ぐことをブロック。シミの元となるメラニン生成の予防効果が期待できます。

塗るタイプについて2つ注意したい点があるので、そちらについても紹介しましょう。

塗るときはムラにならないようまんべんなく塗る

日焼け止めには紫外線から肌を守る成分が含まれていますので、塗るときは肌全体に日焼け止めが行き渡るようまんべんなく塗る必要があります。ムラが出てしまうとブロックできていない部分ができるため、部分的に日焼けしてしまう恐れがあるので注意しておきましょう。

肌の弱さによって紫外線カット成分を選ぶ

日焼け止めには当然紫外線カット成分が含まれていますが、この成分は二つに分かれます。一つは紫外線散乱剤、もう一つは紫外線吸収剤です。

紫外線散乱剤は肌の上で紫外線カット成分が紫外線を散乱させるもの、紫外線吸収剤は紫外線カット成分が紫外線を吸収してから熱エネルギーなどに替え、外に放出するものです。

肌が強い場合はどちらを使用しても構いませんが、弱い場合は紫外線散乱剤がおすすめ

その理由は紫外線吸収剤が紫外線を熱エネルギーに変える時、肌に熱さによる負担をかけてしまう恐れがあるからです。これによって肌が乾燥したり、何らかのトラブルが出る恐れもあります。。

そのため肌質によって紫外線カット成分を選ぶことも大切ですよ。

スプレータイプ

スプレータイプは腕や足などにシュッと吹きかけるだけで紫外線対策ができる便利アイテムです。自宅では塗るタイプでも大丈夫ですが、朝塗っても昼過ぎ頃には日焼け止めが落ちてしまい、効果がなくなってしまう恐れがあります。

スプレータイプはコンパクトなので持ち運びしやすいですし、外出先でもシュッと吹きかけるだけですぐに紫外線対策ができますよ。

シュッと吹きかけた後、腕や足など肌全体に日焼け止めが行き渡るように軽く伸ばしておきましょう。

日焼け対策で使ってほしいアイテム一覧

日焼け対策は日焼け止めだけでは不完全です。全身しっかり紫外線から肌などを守るにはいろいろなアイテムを活用しましょう。

帽子

最も使いやすいと言えるのが帽子。帽子はかぶるだけで髪・顔の紫外線対策ができます。

帽子にはいろいろな形がありますが、おすすめなのはつばが広いハット型の帽子です。つばが広いものは顔全体に日陰ができますので、顔全体、または顔全体と首の紫外線対策ができます。

またつばが広いものは髪にも日陰を作ってくれるため、髪の紫外線対策にも有効です。

サンバイザー

サンバイザーは帽子のような形ですが、帽子よりさらに頭にフィットするため、体を動かす時に着用することがおすすめ。

サンバイザーは前部分のつばがとても広いため、顔全体をしっかりと隠すことができます。ただ頭部は紫外線に当たるため、髪の紫外線対策を同時に行っておくことが大切です。

日傘

日傘はどの紫外線対策アイテムよりも有効だと言えるアイテムです。日傘をさせば体感温度が一気に下がるだけでなく、顔・髪・上半身を丸ごと覆う事が可能。大きな日陰ができますので、こちらも手軽な紫外線対策アイテムです。

ただ日傘は手に持っておかなければいけませんので、買い物など荷物を持つ際には少し不便に。お散歩程度の場合は邪魔にはなりませんので、どんな時に使うかで使い分けると良いでしょう。

アームカバー

アームカバーは腕に装着することで紫外線対策ができるアイテムです。夏前頃から販売されているものはUV加工がされているものがほとんどなので、必ずUV加工のアームカバーを選びましょう

アームカバーは手首までの丈もあれば、二の腕までしっかりカバーできるものもあります。どんな服装をするかによっても丈を選ぶ必要がありますので、よく着る服装に合わせて選びましょう。

またアームカバーはカラー・デザインもとても豊富。UV加工がされているものであれば紫外線対策ができますので、こちらは自分好みのものを選んでOKですよ。

UV加工パーカー・カーディガン

朝はバタバタしていて日焼け止めを塗ることを忘れてしまうという人はUV加工がされてあるパーカーやカーディガンを羽織っておくことがおすすめ。UV加工のものは長そでのものが多く、羽織るだけで紫外線対策ができる便利アイテムです。

夏は気温が高いため長そでのものを着ると暑いんじゃ…と思ってしまいますが、通気性の良い素材が使われているため不快な思いをすることもないでしょう。

長そでのものは仕事中にも活躍します。夏のオフィスは暑いため冷房を強めに設定しているかと思いますが、女性は冷えやすいことから仕事中に冷えを感じてしまいがち。パーカーなどを羽織っていれば寒さをしのぐこともできますよ。

日焼け対策のワンポイントアドバイス

正しく日焼け対策をする上で、いくつか気を付けておきたいポイントがあります。ここで紹介するので、しっかり覚えておきましょう。

日焼け対策は曇りの日も万全に!

日焼け対策をする日と言えばやはり晴れた日。晴れた日は太陽が出ていることから、紫外線が地上に降り注いでいることが良くわかりますよね。そのため晴天の日は多くの人が紫外線対策をしてから外出すると思います。

では曇りの日はどうでしょうか?実は曇りの日も紫外線は降り注いでいるんです。晴れの日に比べれば紫外線量は少ないものの、一定量あるため無防備な状態で外出するとメラニンを作り出してしまうかもしれないんです。

このことから例え太陽が出ていなくても、念のため紫外線対策を実施しておくことがおすすめです。

日焼け対策にマスクは使えない!

日焼け対策にマスクが使えるのでは?と思う人も多いかと思いますが、普通のマスクでは紫外線対策はできません。その理由は、一般的なマスクにはUV加工が施されていないからです。

UV加工がされているマスクを装着していればマスクを装着している部分はしっかりと日焼け対策ができます。ただマスクで覆わない部分は日焼け止めを塗るなどの対策が必要です。マスクだけつけて出てしまうと、マスクで覆われている部分だけが白く、その他の部分は少し黒いなんてことに。

そうなるとマスクなしでは外出できなくなりますので、まずは顔全体に日焼け対策をし、それからUV加工のマスクをつけておきましょう。

髪も日焼け対策が必須!

日焼け対策と言えば肌への対策が重視されがちですが、髪の毛も日焼け対策をしておきたいところ。髪も紫外線によって乾燥しますし、酷くなれば髪の傷みにも繋がってしまうんです。

とは言っても髪の日焼け止めなんてあるの?と思った人も多いでしょう。

髪の毛の紫外線対策としては、ミスト型のUVカット成分が含まれたヘアケア製品を使う方法があります。髪に良い香りをつけるヘアミスト・ヘアコロン、さらに日中の髪の傷みをケアするヘアケア製品の中にもUVカット成分が含まれているものがありますよ。

帽子をかぶっていればある程度髪をガードできるものの、髪の長さによっては無防備な部分もありますので、帽子で隠れない部分はヘアミストなどを使ってしっかり紫外線対策をしましょう。

意外に忘れやすい部位の日焼け対策もしておこう

日焼け対策をする部位と言えば腕・脚が多いかと思います。腕や脚は夏場は露出する部分のため、この部分は忘れずに行う人も多いでしょう。

ただその他の部分の日焼け対策を忘れてしまうと、部分的に日焼けをして見栄えが悪くなってしまいます。忘れやすいのが首・足の甲・手の甲です。

首は前は顔によって日陰ができやすいので大丈夫なものの、後ろは無防備な状態であることが多いです。夏場は髪をアップする人がたくさんいるので、髪をアップする場合は必ず首の後ろにも日焼け止めを塗っておきましょう。

手の甲と足の甲も意外に忘れやすい部分なので、腕の日焼け止めを塗るときは手の指先まで日焼け止めを行き渡らせ、足の日焼け止めを塗るときは足の指先までしっかりと日焼け止めを塗りましょう。

こうすることで全身を紫外線から守ることができますので部分的に日焼けなんてことにもなりませんよ。

万全な日焼け対策でシミを作らせない

日焼け対策は日焼け止めと紫外線対策アイテムを活用することで万全にできます。正しく日焼け止めを塗り、それから紫外線対策アイテムを使って髪と肌をきちんと守りましょう。

紫外線から守ることでメラニン色素の生成を防ぐことができますので、若いころからきちんとしておくことがおすすめ。すぐにはシミができなくても、居座りメラニンによって数年後にシミが多発なんてことも防げますよ。

タイトルとURLをコピーしました