【適切な洗顔で乾燥を防ぐ】乾燥肌におすすめの洗顔方法&洗顔アイテム

乾燥肌

肌が乾燥している……と感じているけれど、どうすれば乾燥が改善されるかわからないとお困りではありませんか?乾燥をケアするためにはさまざまな方法があり、その中のひとつとして洗顔があります。乾燥肌におすすめの洗顔がわかれば、乾燥改善のための第一歩が踏み出せるでしょう。

ここでは乾燥肌におすすめの洗顔を詳しく解説します。乾燥肌におすすめの洗顔料や乾燥肌が気を付けるべき洗顔のポイントについてもお教えしましょう。乾燥でとにかくお悩みの人は、ここを参考に毎日の洗顔を見直してみてくださいね。

乾燥肌とは?

まずは乾燥肌とはどんな状態を指すのかを解説していきましょう。

乾燥肌とはどんな状態?

乾燥肌とは肌内部のうるおいが不足していて、肌表面がカサカサしている状態のことを言います。肌には元々うるおいとなる成分があり、それが一定量あることで肌内部は水分を保てています。肌内部がうるおっていることで肌表面もしっとりとしますので、カサカサとした肌触りを感じません。

しかし年齢とともにうるおいとなる成分の生成量が減少。何もせずに放置していると肌内部の水分量はどんどん減っていき、肌内部が乾燥してしまいます。肌内部にうるおいがなくなることで肌表面もカサつきはじめ、カサカサとした嫌な肌触りを実感するようになるのです。

乾燥肌を見極めるには?

乾燥肌であることを見極めるには肌を触ることがもっとも手軽な方法です。肌にうるおいがあると感じない、またはカサカサとした感触がある場合は乾燥肌になっている可能性が高くなります。

インナードライ肌は要注意!

乾燥肌はインナードライに陥っている可能性もあります。インナードライとは肌が乾燥することで皮脂が大量分泌され、一見脂性肌のように見える肌質のこと。大量の皮脂があるため乾燥しているとは思わず、徹底した保湿ケアを行わない人も多いようです。

なぜ乾燥によって皮脂が大量分泌されるのかというと、乾燥した空気や外的刺激から肌を守るためです。乾燥している肌はバリア機能が低下していることが多く、刺激を受けやすい状態になっています。皮脂が表面にあることで刺激から肌を守ることができるため、皮脂が多く分泌されてしまうのです。

インナードライは洗顔後の肌をチェック

インナードライは通常の肌を触ってもベタつきがあると感じるため、乾燥だと気づくことはありません。インナードライが肌質を見極めるには洗顔後の肌をチェックする必要があります。

洗顔では余分な皮脂や汚れをすっきり落とすことができます。余分な皮脂を落としたとき、肌触りがどんなものかで肌質を見極めることができます。洗顔前同様ベタつきがあるのであれば脂性肌である可能性が高いですが、うるおいのないカサつき肌であれば乾燥している可能性が高いといえます。

乾燥肌が気を付けるべき洗顔ポイント

乾燥肌の人は洗顔のときに気を付けておきたいポイントがいくつかあります。ここでご紹介しますので、今日の洗顔から早速取り入れてみてくださいね。

すすぎに使うお湯の温度は30~32度

洗顔前後にはお湯で顔をすすぐかと思いますが、すすぐお湯の温度には充分気を付けておきましょう。お湯でかおをすすぐことで余分な皮脂をある程度落とすことができます。皮脂は30~32度ほどで落ちるとされているため、この温度ですすぐようにしましょう。

熱いお湯を使うと余分な皮脂はごっそり落ちますが、それ以外に必要な皮脂までも落としてしまうというデメリットが。必要な皮脂を落とすとさらに乾燥が進む恐れがあるため、皮脂を落とし過ぎないよう注意しておきましょう。

洗顔料を正しく使う

洗顔料はいろいろなタイプがあります。主な洗顔料は泡立てるものですが、中には泡立てないタイプの洗顔料もあります。泡立てないタイプの洗顔料はそのまま使っても構いません。手のひらに洗顔料を伸ばし、顔全体の汚れを落とすように優しくマッサージすればOKです。

泡立てるタイプのものは弾力のある濃密泡を作り上げることが重要なポイント。ちょっとした時間ではへたれないほどの泡であれば、指が肌に触れないため摩擦を与える恐れが少なくなります。摩擦によっても肌は乾燥するため、弾力のある泡を作るようにしましょう。

洗顔料によっては弾力泡が作れないことも……

洗顔料によっては弾力のある泡が作れないこともあります。泡立てたときは弾力があるものの、数十秒で泡がへたれてしまうようでは意味がありません。約1分ほど弾力のある状態を作り上げることができる洗顔料を選ぶことも大切です。

洗顔後はタオルで優しく水分を吸収する

洗顔後は肌の水分をとるためにタオルを使うかと思いますが、タオルの素材と拭き方にも注意しておくべきポイントがあります。

まずタオルの素材ですが、柔らかくて清潔なものを使いましょう。柔らかいものは肌に与える刺激が少ないため、刺激によって肌が乾燥することを防げます。清潔なものは肌に菌がつくことを避けられるため、ニキビ予防につながるでしょう。

次に拭き方ですが、タオルを肌に擦る拭き方はよくありません。柔らかい素材だとしても擦ることで肌に負担がかかる恐れがあるからです。拭くときは肌にタオルをつけ、水分をタオルに吸収させるようにしてください。肌にあてるだけなので負担を最小限に抑えることができますよ。

乾燥肌におすすめの洗顔料【市販編】

乾燥肌におすすめの洗顔料にはいくつものアイテムがあります。ここではドラッグストアなどの市販で購入できるおすすめ洗顔料をご紹介しましょう。

ビフェスタ 泡洗顔 モイスト

※画像をクリックするとAmazon商品ページにジャンプします。

  • 価格:578円(amazon価格)
  • 容量:180g

こちらは1プッシュで泡が出てくるタイプの洗顔料。泡立てる手間がないため、プッシュするだけですぐに洗顔ができますよ。プッシュタイプの洗顔料は泡の弾力性が微妙なものも多いですが、ビフェスタ泡洗顔の泡は時間が経ってもヘタレない濃密な弾力泡です。

保湿成分としてヒアルロン酸やコラーゲンを配合。炭酸泡となっているので肌にちょっとした刺激を与えて血行を良くする効果も期待できます。炭酸泡ですがパチパチとした感触はありませんので、柔らかな弾力泡で気持ちよく洗顔ができますよ。

牛乳石鹸 無添加 うるおい洗顔

カウブランド 無添加うるおい洗顔

※画像をクリックするとAmazon商品ページにジャンプします。

  • 価格:336円
  • 容量:110g

アミノ酸系の洗浄成分が使われている洗顔料です。添加物を多く取り除いた無添加洗顔料なので、乾燥肌だけでなく敏感肌にも使ってほしい一品。オリーブ果実油やモモ葉エキスといった植物成分が肌にうるおいを与えてくれるでしょう。

こちらは小売価格は安いものの、Amazonでの販売価格は700円以上と高くなっています。ドラッグストアなどでも取り扱いがある商品なので、購入するのであれば店舗購入がおすすめです。

肌ラボ 極潤 ヒアルロン洗顔フォーム

肌ラボ 極潤 ヒアルロン洗顔フォーム スーパーヒアルロン酸&吸着型ヒアルロン酸をW配合 100g

※画像をクリックするとAmazon商品ページにジャンプします。

  • 価格:445円(amazon価格)
  • 容量:100g

うるおいが不足していると感じている肌にこそ使ってほしい洗顔料です。高い保水力を持つとされるスーパーヒアルロン酸が配合されているため、乾燥しがちな肌も洗い上がりにしっとりとした触り心地になるでしょう。

ダウ゛ ビューティモイスチャー洗顔料

※画像をクリックするとAmazon商品ページにジャンプします。

  • 価格:307円(amazon価格)
  • 容量:130g

こちらは著者がおすすめする洗顔料です。価格が非常に安いにも関わらず、弾力のある泡を簡単に作り上げることができます。適量を洗顔ネットに出して数回揉みこむだけでヘタレない弾力泡ができるため、泡立ちの良さを重視する人にぜひ使っていただきたい一品です。

こちらは肌悩み別にいくつかの種類がありますので、自身のお悩みに適した洗顔料を選んでみてくださいね。

乾燥肌におすすめの洗顔料【オルビス編】

当サイトでは化粧品メーカーオルビスの商品をお勧めしています。オルビスからは5つの洗顔料が販売されていますが、その中から乾燥肌におすすめできる2つの洗顔料をご紹介しましょう。

オルビスユーウォッシュ

9367 : オルビスユー ウォッシュ

※画像をクリニックするとオルビス商品ページにジャンプします。

  • 価格:1,980円
  • 容量:120g

適量を洗顔ネットで泡立てることで濃密なモッチリ泡を作り上げられる洗顔料です。洗顔料にはクレイが含まれており、クレイが汚れや余分な皮脂を吸着して洗い落としてくれるから汚れをスッキリオフ。

ハイドロキャッチ成分やいくつかの植物成分を複合したキーポリンブースターを配合。肌にうるおいを与えつつ、肌内部のうるおいを逃がさず洗えるから洗い上がりはしっとりとした肌触りに。乾燥肌に強い刺激を与えることなく汚れをキレイに落とせますよ。

アクアフォースマイルドウォッシュ

9380 : アクアフォースマイルドウォッシュ

※画像をクリニックするとオルビス商品ページにジャンプします。

  • 価格:1,430円
  • 容量:120g

アミノ酸系洗浄成分を配合した洗顔料です。肌に刺激を与える恐れの少ない洗浄成分を採用しているから、乾燥肌への刺激を和らげることができます。洗顔ネットを使うことでモコモコの泡を作り上げることができるため、指による摩擦を防ぐこともできるでしょう。

肌内部のうるおいを逃がさないうるおいマグネットAQを配合。肌にうるおいをピッタリと密着させる効果があるため、洗顔によって肌内部のうるおいが逃げることもありません。洗い上がりはしっとりとした肌触りを実感できるでしょう。

オルビスの洗顔料は市販の洗顔料と比べると少々高め。洗顔料にこの値段はちょっと……と感じる方もいると思います。ただ値段が高い分、一度は使ってみてほしいアイテムであることには違いありません。これらはトライアルも用意されているため、真剣に乾燥を改善したいとお悩みの人はぜひトライアルから使ってみてくださいね。

乾燥肌の洗顔で気になるポイントQ&A

乾燥肌の洗顔で気になる点があるという人も多いでしょう。ここでは乾燥肌の洗顔でよく寄せられる質問についてご紹介します。

乾燥肌は洗顔しない方が良いって本当?

乾燥肌は洗顔しないほうがいいという声を聞いたことはありませんか?これは事実とも言えますが、必ずしも合っているとは言えません。

なぜ乾燥肌が洗顔をしない方が良いかというと、洗顔をすることで多少なりとも肌に負担がかかるからです。肌に負担がかかることで乾燥はさらに悪化する恐れがあるため、このことから洗顔は避けるべきとの声があるのです。

ただ洗顔をしないと汚れが蓄積してしまうため、ニキビなどのトラブルにつながるかもしれません。

おすすめは洗顔回数を減らすことです。基本は朝・晩の2回の洗顔かと思いますが、朝に洗顔、夜はW洗顔不要のクレンジングを使うことがおすすめ。こうすれば肌への摩擦回数を減らすことができるため、負担を減らすことができるでしょう。

乾燥肌の洗顔には石けんが良いって本当?

乾燥肌の洗顔に石けんがおすすめされていることも多いかと思います。石けんは洗浄力が穏やかなので、乾燥肌の洗顔としては最適。一度購入すれば長く使えるため、コスパにも優れた優秀なアイテムだといえます。

ただ石鹸は洗浄力が弱いことから肌汚れを完全に落としきれるかが怪しいところ。肌負担を抑える・肌のうるおいを残した状態で洗顔はできますが、汚れが残ることで肌がゴワゴワしたりニキビなどのトラブルにつながることもあるんです。

石けんを毎日使用すると汚れが蓄積する恐れがあるため、石けんと洗顔料を使い分けると良いでしょう。週に3回は洗顔料、残りの4回を石けんといった形にするといいかもしれません。

乾燥肌の洗顔料はプチプラでも大丈夫?

乾燥肌を改善するとなれば高い洗顔料を使わないといけないの?と気になっている方もいるでしょう。プチプラでも良質な洗顔料はあります。先ほどご紹介した市販の洗顔料はいずれもプチプラですが、当サイトがおすすめできるものばかりです。

プチプラ=粗悪品ということはまずありませんので、配合されている成分や採用されている洗浄成分の種類によって見極めると良いでしょう。

洗顔で乾燥のお悩みを少しずつ改善しよう

乾燥の悩みは洗顔だけでなく、スキンケアや毎日の食生活などによっても起こりえます。洗顔がすべてではありませんが、洗顔によって乾燥する恐れもあるため、一つずつ乾燥の種を潰していくことが大切。

ここでご紹介したおすすめ洗顔料を使い、正しい洗顔方法を行いましょう。洗顔は毎日するものなので、それが間違っていると乾燥が悪化してしまう恐れもあります。肌に負担をかけない洗顔料と洗顔方法でカサカサしないモッチリ肌を目指してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました