乾燥によるかゆみ・湿疹……ホームケアで改善できる?

乾燥肌

肌が乾燥していて赤みがある、または湿疹が出ているといったトラブルに悩まされていませんか?赤みやかゆみ、湿疹などのトラブルが出た場合はどうケアすべきなのか、スキンケアはいつも通りでいいのかなど気になる点がいくつもあるかと思います。

ここではなぜ乾燥によって赤みやかゆみがでるのか、その理由についてご紹介します。トラブル別のケア方法についてもお教えしますので、乾燥によるトラブルが出やすい人は必見です。

乾燥によってかゆみや赤みが出る理由

乾燥したときに赤みやかゆみが出てしまうけど、どうしてこんな症状が出るのかがわからない……そうお悩みの方も多いでしょう。ここでは乾燥によって起こりうる症状の理由についてご紹介します。

肌に赤みが出る理由

乾燥している部分に赤みが出るのは毛細血管の拡張によるもの、炎症が起きているものがあります。それぞれについてご紹介しましょう。

炎症

肌にはバリア機能という機能が備わっており、バリア機能がほこり・紫外線などの外的刺激から肌を守る役割をはたしています。バリア機能は油分から形成されていますが、年齢とともに肌の油分量は減少。肌の油分量が減少することによってバリア機能が働きにくくなり、徐々に弱まっていきます。

バリア機能が弱まると肌を守ることができず、外的刺激が肌に直接付着。刺激によって肌が炎症を起こし、かゆみや痛みといった症状が起こります。

毛細血管の拡張

乾燥しがちな肌はバリア機能が低下していることから、たびたび炎症などのトラブルを起こしがち。トラブルが起きた部分は修復するための栄養素を届けるために、炎症部分の毛細血管を拡張します。

トラブルが起きる回数が少なければ問題ありませんが、たびたび起こっていればそのたびに毛細血管は拡張。拡張を繰り返すことで毛細血管は元のサイズに戻らなくなり、拡張した状態が継続してしまうのです。

拡張した毛細血管は肌から透けて赤く見えます。これが肌の赤みの原因だとされています。

肌にかゆみが出る理由

乾燥によって起こるのは赤みだけでなく、かゆみもあります。なぜかゆみが起こるのかというと、乾燥によって炎症が起きているからです。

肌の炎症というのは、肌にとって異常が起きている状態を指します。異常が起きている場合は、異常が起きている部位に何らかの症状がでるものです。その症状のひとつにかゆみがあります。

かゆみを与えることでその部位に異常が起こっていると知らせることができるため、人間の防衛本能の一種だといえるでしょう。

そもそも肌が乾燥しているとはどんな状態?

肌が乾燥しているとはいうものの、乾燥した肌とはどんな状態かをきちんと理解している人は少ないかもしれません。ここではそもそも肌が乾燥しているとはどんな状態を指すのかをご紹介します。

健康的な肌の状態について

人の肌は水分と油分がバランスよくあることで良い状態を保つことができます。肌内部には一定量の水分が、肌表面に一定量の油分があることが前提です。うるおいが一定量あれば肌内部はうるおいで満たされ、肌は柔らかく、乾燥しにくい状態に。油分は肌のバリア機能に必須となる成分なので、こちらも健康的な肌には欠かせません。

なぜ肌は乾燥するのか?

多くの人は20代になる前までは脂性肌であることが多いかと思います。これは成長期に伴うホルモンバランスの関係によってなりうるものなので、生活習慣などによって肌質が変わるという訳ではありません。

10代のときは水分量も油分量もたっぷりとある状態ですが、20代に入るとどちらも減少し始めます。水分と油分が一定量ある肌はしっとり・もちもちといった肌触りですが、それがカサカサ・弾力なしの肌に変わってしまうのです。

水分量と油分量の減少は誰にでも起こりうることなので、何をしたから量が減少したということではありません。この理由から20代頃から徹底した保湿ケアが重要になってくるのです。

肌の乾燥はどうやって見分ける?

肌の乾燥を見分けるには肌触りを確認することが一番です。水分がたっぷりあるしっとり肌は、指を滑らせるとしっとりとした感触がします。それとは逆に乾燥している肌は指を滑らせるとカサカサとした感触で、しっとり感は一切ありません。

イマイチ肌触りがわからないというのであれば、肌の部位別に感触を確かめると良いかもしれません。顔の額と鼻部分は汗腺・皮脂腺があることからしっとりとした状態が継続しやすい部位です。頬やこめかみなどの部分は皮脂腺が少ないため、乾燥傾向に陥りがちな部位です。

まずは額と鼻部分を触り、どんな状態がしっとりしているのかを確認します。それから頬を触って肌触りの違いを確認しましょう。

肌の赤みをケアする方法3選

肌の赤みをケアするには何をすればいいのか、ここで3つの方法をご紹介します。

炎症を抑える軟膏を使う

炎症が起きている部分に、炎症を抑える作用がある成分入りの軟膏を使う方法です。軟膏はドラッグストアでも手に入り、乾燥による炎症向けの軟膏も販売されています。

炎症を抑える軟膏は炎症が起きた原因別に販売されています。原因に適した成分が配合されていますので、乾燥による炎症向けの軟膏を使うべきでしょう。

よくわからない場合はドラッグストアの登録販売者、薬局の薬剤師に相談してから購入することをおすすめします。

炎症をケアする成分入りのスキンケアアイテムを使う

スキンケアアイテムには炎症をケアする効果が期待できる成分入りのものがあります。グリチルリチン酸ジカリウムなどです。この成分が配合されている化粧水を使うことで、肌の炎症を少しずつケアしていけるでしょう。

化粧水は炎症をケアする成分のほか、さまざまな成分が配合されています。炎症が起きている部分は刺激に弱くなっていますので、そのほかの成分で肌の炎症がひどくならないよう注意しなければいけません。

特にアルコールは肌に刺激を与える恐れがありますので、炎症が起きている肌にはNGです。

皮膚科に行く

炎症ではなく毛細血管の拡張によるものが原因であれば皮膚科に行くことをおすすめします。毛細血管の拡張は自然と治るものですが、何回も拡張を繰り返した血管は自力で戻ることができず、拡張した状態のままになってしまうことがあります。

こうなるとホームケアでの完治は難しいため、皮膚科に行って適切な治療を受けましょう。

肌のかゆみをケアする方法2選

肌にかゆみが出たらどうケアすべきか、おすすめの方法2選をご紹介します。

保湿ケアを徹底する

肌のかゆみは乾燥によって起こることが多いため、毎日の徹底した保湿ケアが重要です。朝と夜にスキンケアを行うかと思いますが、スキンケアで使うアイテムは保湿ケアを重視したシリーズに切り替えましょう。

保湿ケアを重視したシリーズであればフルラインで使うことがおすすめ。フルラインで使うことでより高い保湿効果が期待できますので、肌の乾燥も感じにくくなるでしょう。

化粧水→乳液→クリームの順でケアをしましょう。かゆみが出るほどの乾燥は、乾燥状態がひどい状態である可能性が高いです。乳液だけでは保湿効果が足りない可能性がありますので、乳液とクリームを併せて使い、うるおいと油分のどちらも補給しましょう。

オールインワンよりステップを踏むスキンケアを

朝の忙しい時間はスキンケアに時間をかけられないという人も多いかと思います。そんなときに役立つのがオールインワンですが、かゆみが出るほどの乾燥状態の肌にオールインワンはおすすめできません。

オールインワンは一つで化粧水・乳液・美容液・クリームなど複数のアイテムの役割を果たしてくれます。時短ケアにはピッタリのアイテムですが、ステップを踏むスキンケアに比べると保湿力が弱いといえます。

ステップを踏むスキンケアがおすすめの理由

なぜステップを踏むスキンケアの方がよいのか、アイテムの役割をスキンケアの順に沿ってご紹介しましょう。

  1. 化粧水でうるおいを与え、肌を柔らかくして成分の浸透率を上げる
  2. 乳液で肌内部のうるおいを逃がさないよう蓋をする
  3. クリームで肌表面の蓋をより強固にする

こういった役割があります。一番最初に化粧水を使って肌を柔らかくすれば、乳液やクリームの浸透率が上がります。これによってより高い保湿効果が期待できますので、かゆみを感じるほどの乾燥肌にはステップを踏むスキンケアがおすすめです。

我慢できないほどのかゆみであれば皮膚科へ

肌のかゆみは軽いものもあれば、かゆみを我慢できないほど強いものもあります。軽いものであれば我慢すべきですが、我慢できないほどのかゆみであればつい掻いてしまうこともあるでしょう。

肌を掻いてしまうと掻いた部分のバリア機能が破壊され、爪による傷が肌につきます。その傷によて再度炎症が起きる、または炎症がひどくなり、前回より強いかゆみに襲われるようになります。その後はバリア機能の破壊→肌ダメージ→炎症の悪化という流れです。この悪循環を繰り返すようになるのです。

どうしても我慢できないほどのかゆみがあるのであれば、悪化する前に皮膚科に行って医師に診てもらいましょう。医師が肌に合った軟膏を処方してくれますので、それを使ってかゆみをしのいでくださいね。

肌に湿疹ができるのはなぜ?

肌に湿疹ができる理由にはいくつかのことがありますので、ここでご紹介しましょう。

アレルギーによるもの

アレルギー体質の人は、アレルゲンが肌に付着することでさまざまなトラブルが起こります。内部のトラブルとしてはくしゃみやせきなどの症状ですが、外部の症状としてかゆみ・赤み・湿疹といった症状が起こるとされています。

アレルギーによる症状はアレルギー治療を行うことが最も望ましいですが、治療は長く時間がかかりますので軽度の症状であれば治療を受けずにそのままにしておく人も多いでしょう。

湿疹の症状がひどいようであれば自宅でケアせずに、皮膚科に行って医師に症状を見てもらうことがおすすめです。

肌の乾燥によるもの

肌が乾燥している状態とは肌内部の水分と肌表面の油分が欠乏している状態です。この状態が継続すると皮膚にひび割れ・皮むけなどのトラブルが起こるようになります。このトラブルが起きても乾燥ケアをしないまま放置しておくと、症状が悪化して湿疹が出るようになると言われています。

乾燥によって湿疹が出ている状態を乾燥性皮膚炎といいます。ここまで症状が進行すると自宅でのケアが難しくなるため、皮膚科の受診が推奨されます。

肌に湿疹がでたときのケア方法

湿疹にはアレルギーによるもの、乾燥によるものがありますが、原因によってケア方法は異なります。ここでは乾燥による湿疹が出たときのケア方法をご紹介します。

保湿ケア

乾燥による湿疹なので、原因はもちろん乾燥です。乾燥をケアする保湿ケアは入念に行いましょう。先ほど紹介したように、保湿を目的としたシリーズをフルラインで使うことがおすすめ。化粧水→乳液→クリームの順に使って柔らかでしっとりとした肌をキープしてくださいね。

シリーズに美容液がある場合は美容液を使うこともおすすめです。美容液には肌にピッタリの美容成分がたっぷりと詰め込まれているので、乾燥ケアだけでなく美肌のためのケアにも繋がります。

正しい洗顔

洗顔は毎日行うものですが、洗顔のやり方が間違っていると肌の乾燥を悪化させる恐れがあります。ゴシゴシ洗顔・泡立てが足りない・熱いお湯ですすぐという3点がNGポイントとなります。

まずゴシゴシ洗顔は肌に指の摩擦が生じ、肌に負担をかけてしまいます。肌に必要な皮脂までも落としてしまう恐れがあるため、おすすめできません。

次に泡立てが足りないというのは、洗顔料の泡立ちが悪いと肌と指の間のクッションの役割を果たすことができません。弾力のある泡を作れば、肌に指がつくことなく泡で肌を洗うことができます。これによって肌への摩擦ダメージを防ぐことができます。

最後に熱いお湯ですすぐということですが、こちらは皮脂を落とし過ぎるためNGとなります。不要な皮脂は落すべきですが、皮脂はバリア機能を形成するものでもあるため、一定量肌に残しておかなければいけません。30~32℃のぬるま湯で洗えば必要な皮脂まで落とし過ぎることもないでしょう。

熱すぎるお湯での入浴を避ける

前述したように、熱いお湯は必要な皮脂までも落としてしまいます。この理由から洗顔にはおすすめできませんが、入浴するお湯の温度にも気を付けておきたいところ。

熱すぎるお湯をはったお風呂に入ると体がしっかりと温まります。体が温まれば風邪予防効果が期待できますが、体を温め過ぎると肌のかゆみが強くなる恐れがあります。かゆみの症状が出ている場合はお風呂の温度に特に気を付けるようにしましょう。

室内の湿度を一定に保つ

肌の乾燥を予防するには室内の湿度を一定に保つことも大切です。特に冬は空気が乾燥していることからわかるように、湿度が低くなっています。これは外だけでなく室内も同様で、自宅内の湿度は夏に比べると大幅に減少しているでしょう。

その空間にいると肌の乾燥がよりひどくなる可能性があるため、室内の湿度が60%以上になるよう加湿器を使って調整しましょう。

トラブルが出ているときのスキンケア注意点

肌にトラブルが出ているときはいつも通りスキンケアをしてもいいのかが気になるところ。ここではトラブル時のスキンケア注意点についてご紹介します。

スキンケアアイテムは添加物が極力少ないものを

トラブルが出ているときに使うスキンケアアイテムは、できるだけ低刺激のものを使うようにしましょう。アルコールなどの防腐剤、界面活性剤、合成香料や合成着色料が含まれていないモノがおすすめです。

かゆみ・赤みが出ているときに添加物ばかりのスキンケアアイテムを使うと、トラブルがひどくなる恐れがあります。また最初は赤みだけだったのにかゆみや湿疹が出てきたということもあるため、肌に刺激を与える恐れのあるスキンケアアイテムの使用は避けておきましょう。

肌に合ったスキンケアアイテムを使う

毎日使っているスキンケアアイテムによって乾燥が進み、トラブルが出てしまったということもあります。これはスキンケアアイテムが肌に合っていない可能性があるため、アイテムの見直しをすべきでしょう。

肌に合っている・合っていないは一週間ほど使うことで判断できます。朝・晩ケアしてそのスキンケアアイテムの効果を実感できるか、肌にちょっとしたトラブルでも起こっていないかをきちんと見定めましょう。

やり過ぎケアに注意

肌の乾燥をケアするためにたくさんのスキンケアアイテムを多用する人もいるかもしれません。複数のアイテムを使うことをやり過ぎケアといい、やり過ぎケアは乾燥を逆に悪化させる恐れがあります。

化粧水→乳液→クリームの順が基本的なスキンケアSTEPです。美容液を使う場合は化粧水→美容液→乳液→クリームとなります。多くても4つほどのアイテムで押さえることが理想ですが、5つ以上のアイテムを使うと肌にうるおいを与えすぎる可能性があります。

うるおいを与えすぎると角層がふやけ、肌内部のうるおいが逃げ出しやすくなります。これによって乾燥が悪化する可能性があるため、やり過ぎケアをしないよう注意しましょう。

正しいケアで乾燥トラブルを撃退しよう

乾燥によって起こるトラブルはいくつもありますが、肌の赤みやかゆみが出るとどうケアしていいかわからなくなりますよね。乾燥が原因であればホームケアで症状を緩和させることができるでしょう。症状がひどい場合は皮膚科の医師の力を借りてトラブルの改善を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました