敏感肌におすすめのケアは?肌に優しい化粧品の特徴

敏感肌

敏感肌で毎日のスキンケアに困っている……ここを読んでいるということはこんなお悩みを抱えているかと思います。化粧品でトラブルが出やすい肌質なので適当な化粧品は使えない、でも何を選べば肌を良い状態に持って行けるかがわからないと中々解決策が見つからないと思います。

ここでは敏感肌さんの化粧品の選び方についてご紹介します。スキンケアアイテムの選び方がわからない、選ぶときにどこを見ればいいのかわからないという方も、ここを読めばきっとお悩みを解決できるでしょう。

敏感肌さんの化粧品選びのポイント①

敏感肌さんが化粧品を選ぶときのポイント①をご紹介します。ここで紹介する項目は選ぶときに最も優先させたいことなので、まずはここをチェックしておきましょう。

配合成分をチェック

まずチェックしておきたいのが配合成分です。化粧品の本体の裏面、またはパッケージに全成分一覧が記載されています。記載されていない場合は化粧品名をネット検索し、公式ページから全成分一覧を見てみましょう。

全成分一覧をざっと見て、アルコール・エタノール・パラベン・コポリマー・ラウリル~などの言葉がないかを見ておきます。これらは添加物の一種で、化粧品の状態を良くしたり配合成分を混ぜ合わせたりする目的で配合されています。

必ずしも悪いとは言い切れない存在ですが、敏感肌には刺激となる可能性が高いと言われています。肌に乗せることで負担をかけ、より乾燥を悪化させてしまうかもしれません。アルコールやエタノールに関しては肌に乗せたとたんにピリピリとした痛みや赤みが出る恐れもあります。

敏感肌にとってはいい影響があると言いきれませんので、配合成分にこれらのものが含まれていないかをチェックしておきましょう。

化粧品メーカーのこだわりをチェック

化粧品メーカーは数多くありますが、それぞれのメーカーが製造において何らかのこだわりを持っています。添加物を極力避けた無添加化粧品を展開している・メーカー独自の考えから、肌に負担をかける恐れのある成分を除外しているなどです。

トラブルが気にならない肌であればこだわりまで気にする必要はありませんが、敏感肌の人にはぜひメーカー独自のこだわりをチェックしてほしいところです。独自のこだわりをしっかりチェックすることで肌に優しい化粧品を見つけることができるかもしれません。

口コミをチェック

気になる化粧品を見つけたら同じ肌質の人の口コミをチェックすることもおすすめです。口コミサイトのアットコスメでも構いませんし、Amazonで販売されている化粧品でしたらamazonの口コミをチェックしておきましょう。

アットコスメであれば肌質別の口コミを検索することができるため、敏感肌に絞って検索したい時に便利です。敏感肌の人がその化粧品を使ったことでどんな効果が得られたのか、トラブルはなかったかを見てみてくださいね。

敏感肌さんの化粧選びのポイント②

続いて敏感肌さんの化粧品選びのポイント②を解説します。①の項目で解説した条件をクリアしていたら、次はここで解説する項目をチェックしてみましょう。

保湿成分の配合量をチェック

添加物チェックのとき同様、全成分一覧を見て保湿成分がどれほど配合されているかを確認しましょう。敏感肌は肌に刺激を与えないことが最も大切ですが、保湿成分が含まれていなければスキンケアとして成り立ちません。

特に敏感肌は肌の乾燥の悪化が招いた肌質であるため、化粧品でたっぷりのうるおいを補給する必要があるのです。保湿成分にはヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドやプロテオグリカンなどさまざまなものがあります。

セラミド配合のモノが特におすすめ

まず第一に摂取しておきたいのがセラミドです。セラミドは肌の角層バランスを正常に整えるために必須の成分とされています。セラミドが不足することによって角層バランスが崩れ、肌のうるおいが外に逃げ出しやすくなります。

セラミドを補給することで肌の角層の乱れが徐々に整い、角層が正常な状態へと戻ります。これによってうるおいを内部に留めておけるようになるので、肌の乾燥の改善が目指せるのです。

敏感肌さんは保湿効果のある植物エキスも○

保湿成分にはさまざまなものがありますが、敏感肌の人は植物エキスでうるおいを補給してみてはどうでしょうか?植物エキスは肌に優しいものが多いため、敏感肌であってもトラブルが起きにくいとされています。

肌への負担も少ないことから乾燥肌・敏感肌に最適な保湿成分とも言えますので、保湿効果のある植物エキスがたっぷり使われている化粧品もおすすめです。

もし植物アレルギーがあるのであれば購入前に必ず成分チェックをしておきましょう。アレルゲンとなる植物エキスを肌に付けるとアレルギー反応が出る恐れがあるため、アレルゲンが成分一覧に記載されていないかを確認しておく必要があります。

敏感肌は油分補給も必須!

敏感肌の人はうるおい補給と一緒に油分補給もしておきましょう。元々肌には皮脂があり、皮脂が外的刺激から肌を保護しています。保護する役割のことをバリア機能といいます。

10代の頃は皮脂量が多いため油分補給をする必要はありませんが、20代頃から油分量が大幅に減少していきます。この頃から肌が乾燥傾向に陥る人が多くなり、早めのケアをしておかないと乾燥肌から敏感肌へと悪化してしまうこともあります。

油分補給は乳液やクリームにて行うことができます。敏感肌は乾燥が特にひどい状態でもあるため、乳液とクリームを併用してスキンケアを行うことがおすすめです。

化粧品メーカーオルビスはノンオイルのこだわり!

オルビスで展開されている化粧品の多くは油分成分を使っていません。そのためどのシリーズも乳液・クリームがなく、スキンケアの仕上げには保湿液というアイテムをご用意しています。保湿液には油分が含まれていないため、油分不足の敏感肌には不向きなんじゃ?と思ってしまいますよね。

オルビスは油分は肌に負担をかけるという独自の考えを持っています。この考えから化粧品に油分を配合することを避け、油分の代わりとなるうるおいヴェールを採用。うるおいの膜が肌を包むことでバリア機能と同様の働きをし、肌を刺激から保護するとされています。

油分によるベタつきが苦手な人にもメリットがありそうです。

敏感肌さんが気を付けるべきポイント

敏感肌の人の化粧品選びのポイントがわかったら、次は日常の中で気を付けるべきポイントをお教えします。日頃から肌に刺激を与えないよう気を配ることで、肌質の改善が目指せるでしょう。

クレンジング&洗顔で肌を痛めない

毎日メイクをするという女性も多いかと思いますが、メイクをした日はクレンジングと洗顔が必須です。この二つのステップはやり方を間違えると肌に負担をかける恐れがあるので注意が必要。

クレンジングについて

まずクレンジングですが、クレンジングはミルクやクリームタイプのものを選びましょう。オイルタイプは洗浄力が強いためしっかりとメイクが落ちますが、強い洗浄力が肌を傷つける恐れがあります。必要以上に油分を落とし過ぎるかもしれませんので、敏感肌には不向きといえます。

ミルクやクリームタイプは洗浄力が弱い分肌への負担を最小限に抑えています。肌負担を抑えながらケアをしたい人にピッタリのクレンジングです。

洗顔料について

洗顔料は化粧品同様、添加物が極力少ないものを選びましょう。洗顔料は洗顔料によっておすすめの肌質が異なります。ニキビケア目的のものはニキビの原因となる皮脂を落とすために強い洗浄成分が含まれているものもあるため、ニキビケア目的のものは避けましょう。

肌に優しい・保湿成分たっぷり配合・敏感肌も使えるなどの表記がある洗顔料を選ぶことがおすすめです。洗顔料を使うときはたっぷりの泡で洗うことで肌と指の間の摩擦を防ぐことができますので、濃密なモッチリ泡を作ることができる洗顔料を選びましょう。

スキンケアアイテムは最小限に

敏感肌の根本は乾燥している状態なので、化粧水と乳液とクリームだけのケアではうるおいを補いきれないのでは……と考える人も多いかと思います。基本のケアに美容液をプラスしたり、パックをこまめにしたりしてうるおいをしっかり補給しなければと考えてしまいますよね。

しかし敏感肌の人はスキンケアアイテムを増やし過ぎないよう注意しておきましょう。敏感肌の人はスキンケアアイテムを選ぶ必要があり、どんなアイテムでも手軽に使えるわけではありません。肌をうるおすためにプラスしたアイテムであっても、もしかしたらそれが原因でトラブルが起きる可能性も。

まずは化粧水・乳液・クリームの基本的なスキンケアで肌の状態を良くしていきましょう。肌の状態を良くしていくことで少しずつ肌状態が改善され、少しの刺激ではトラブルが起きにくい肌に変わっていきます。トラブルが起きにくくなれば多くの化粧品を使えるようになるため、健康的な肌に近づいたと実感できた時にアイテムをプラスすることをおすすめします。

メイクはナチュラルメイクがベター

メイク方法は人によって好みがあるかと思いますが、敏感肌の人はナチュラルメイクをすることがおすすめです。ナチュラルメイクとはその名の通り、素肌のような印象に見せる肌のこと。反対にマット肌がありますが、マット肌は下地やファンデーションなどを駆使して肌を作り上げる必要があるため、肌に大きな負担をかける恐れがあります。

できるだけ肌に負担をかけないよう、ベースメイクにいくつものアイテムを使用しないようにしましょう。下地とファンデーションのみでベースを作り、使うアイテムは保湿成分が含まれているものを選んでください。

保湿成分が含まれているものは日中の乾燥を防ぎ、うるおいのある状態をキープしてくれます。乾燥によるメイク崩れ防止効果も期待できますよ。

敏感肌さんは肌に負担をかけないケアが大切

成分をチェックせずに使ってしまうと、肌に思わぬ負担を与えることになりかねません。普通肌であれば特に影響はないものの、敏感肌だと多大な負担となってトラブルにつながるかもしれません。

購入前に成分をしっかり見て、肌に負担の少ない成分配合のものかどうかを見てみましょう。アイテム選びと共に肌に負担をかけないケアやメイクも必須なので、気を付けるべきポイントを気を付け、肌を良い状態へと導きましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました